This is an example of a HTML caption with a link.

脂肪とは

具体的に、脂肪吸引で体外に排出する「脂肪」とはどんなものなのでしょうか。

脂肪とは、糖質、タンパク質と並んで、三大栄養素の1つに数えられるものです。
脂肪とはそもそも、身体を動かすためのエネルギーの塊であると見ることができます。これは糖質も同様ですが、激しい運動をするにあたって始めて消費される糖質と比べて、脂肪はあらゆる運動に際して消費されます。
いわば、常用型のエネルギーといえるものなのです。人体にとっては必要不可欠なもので、適切な量の脂肪が備わっていることはむしろ健康に資するものです。脂肪はエネルギーを発生させるために常に消費され続けており、特別な運動をしなくても通常の生活をしているだけである程度は減っていきます。人体は、寝ているときにもエネルギーを必要とするので、寝ているだけでも脂肪は消費されていきます。

しかし、通常の生活をしているだけで消費されるエネルギーは微々たるもので、食事で摂取してしまうエネルギーよりもわずかです。
エネルギーの消費量が、蓄積量を下回ってしまうと、余分なエネルギーは身体に蓄積されていきます。それが脂肪となるのです。
つまり脂肪とは、消費しきれなかったエネルギーの塊なのです。
食事制限はエネルギーの余分を出さないようにエネルギーを摂取しないこと、運動はエネルギーの余分を出さないように通常以上のエネルギーを消費すること、と捉えることができます。

蓄えすぎてしまったエネルギーを、身体の外に追い出すこと。
それが脂肪吸引なのです。

PAGE TOP